内科 腎臓内科 アレルギー科 抗加齢医学科 インフルエンザ診断 花粉症 ダイエット外来 | 麻布十番 | 大森真帆 麻布十番クリニック

女医 大森真帆のコラム

内科 腎臓内科 アレルギー科 抗加齢医学科

HOME院長・クリニック紹介女医 大森真帆のコラム「蛋白(たんぱく)尿では何か症状が出る?対策はできるの?」(監修記事)

女医 大森真帆のコラム

「蛋白(たんぱく)尿では何か症状が出る?対策はできるの?」(監修記事)

2018/05/31

いしゃまち 症状の悩みを解決するお手伝いの掲載記事「蛋白(たんぱく)尿では何か症状が出る?対策はできるの?」を監修いたしました。

蛋白尿(たんぱくにょう)とは「蛋白質が多量に含まれた尿」のことです。
通常の尿には蛋白質はほとんど含まれておらず、腎臓の機能が障害されると尿中に蛋白質が現れ始めます。そのため、蛋白尿が陽性になった場合は、腎機能に何か異常がある可能性を示しています。
では、蛋白質が尿に出始めると、一体私たちの身体にはどのような影響が出るのでしょうか?また、蛋白尿を食い止めるためにはどのような対策が有効なのでしょうか?蛋白尿の症状と対策法について説明します。

↑大森真帆院長の監修記事はこちら↑

気になる方は下記のコラムも参考にしてください。

大森麻帆 麻布十番クリニックでは、蛋白尿や血尿など軽微なものから、腎臓機能低下に至るものまで腎臓疾患全般を専門医が診療します。生活指導、食事療法、運動療法など。
※人工透析療法、腎移植などは提携医療機関を紹介します。

メディア・書籍 LusciousLips 注射・点滴療法 ドクターズ サプリ 人間ドック・定期健診 Lox-index 脳梗塞・心筋梗塞リスクチェック メディカルエステ ダーマペン グラッシュビスタ しらたきダイエット